#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

紫陽花

紫陽花が眼につく季節です。
この花を見つめていると何か意識を吸いこまれる感じがします。Aji
色鮮やかなのになぜか宇宙の闇を感じるのです。
雨に打たれる紫陽花は不思議な光。
緑はくらがり。
花の周囲にはみえない闇がひしめいています。
毒のある花でもありましたね。
写真は近所で見事に咲いていた額紫陽花。
次のリルケの詩にある紫陽花は、鞠状の西洋紫陽花です。

薔薇色のあじさい
                                             ライナー・マリア・リルケ富士川英郎訳)

誰がとった この薔薇色を? それが集って
この花の中にあると 誰がままた知っていた?
はげかかった金メッキの器のように
まるで手摺れでもしたように あじさいはそっと薔薇色を解く

こんな薔薇色の代りに 何もそれが望まぬようにと
薔薇色は花のためにとどまって そして空から微笑んでいるのか?
香りのように 悠揚と 消え失せてゆく薔薇色を
天使たちがやさしく 空で その両手に受けるのか?

それとも満開期(さかり)の過ぎてゆくのを知らすまいと
花はたぶん それを放すのか?
でも その薔薇色の下で 緑はそっと窺っていた
そしてすべての秘密を知ったまま いまその緑が褪せてゆく。