#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

#連歌デモ2764〜2810

※全行程はHP(http://reliance.blog.eonet.jp/default/shikukan.html)にて御覧いただけます。

2764いつかまた 手をとって 絆を確かめる そんな日がくると 信じてる コヘレトの言葉のように ものごとの全ては 季(とき)があると

2765恨み憎んで構わない それで汝(な)が友らの癒しになるならば 我(わ)を鬼 嘘をつく卑怯者と思うても 汝が友らの心癒されるなら 我(わ)は何度も悪になろうぞ 汝が友の国と古(いにしえ)から兄弟(はらから)ゆえ((2745「近くて遠き隣人よ…」へ返歌)

2766俺を憎んでもいい/殺してもいいお前の心がなおるならと/私が自ら体に傷をつけた日に父がそう言いました/私もそう言うでしょう/友よ父が私を癒すために言った言葉を/私を育てた人の優しい命がけの言葉を/あなたもまた傷ついた人だから(2765へ返歌)

2767民守るは異国からより放射能権力乞食の作為の錯誤(注:党首選に身をやつす政治屋どもに)  

2768かの国のコントラバスの魂に波動よおこれ「Poetische Anti-Atom-Bewegung(「ポエーティッシェ・アンティア−トム・ベヴェーグング」(ドイツ語で「連歌デモ」) 

2769脱原発テントの前の喧騒の足元くぐり抜けてゆく風

2770積乱雲染めて日輪沈み往く被曝を運ぶ白き風来て(注:これから静岡市青葉公園の金曜抗議アクションに参加。 官邸裏、文科省前、経産省前…全国津々浦々の行動、とりわけ北九州の瓦礫焼却と闘う皆さんに、連帯の意志を籠めて。)

2771新しき時代の風も吹いている旧き政治も規制も払えと(2770へ返歌)

2772世直しを願う行進今日もまた闇に光を悪鬼に愛を 

2773パパの友だちが言う 智也…おまえのおとうさんは勇敢だったよ たくさんの人を助けようとあの日消防車に乗ったんだよ 津波がくること知りながら/ママ夢の中でいいから もう一度だけ僕の名前を呼んで 優しい声で悠太と呼んで 神さまなぜママなの?

2774親を亡くした子どもにはどうか教えてあげてください ぱぱは背の高いひとだった 人参は嫌いだった でもままとあなたが大好きだった 写真は何も話さないから(2773へ返歌)

2775親ならば子どもならばわかるだろう親の哀しみ子どもの泣き声

2776パパ帰ってくるよね?と今にも言いそうな君は 父の遺影を不思議そうに見ながら手を合わせ 小さな骨箱に入った父を母が抱く現実を受け入れしあの日 君は子どもの顔を大人のようにして(2775へ返歌)

2777官邸前経産省文科省前 怒る民の声にて揺るがん

2778福島の子どもを守れと声あぐる集えるひとも誰かの親なり

2779真実(ヴァールハイト)は おのおののいのち(レーベン)の中にやどりて何度も問われて いづれ力(クラフト)となりぬる それは目の前にあるはるかな国境すら越えて(2669「曖昧な我が日本語も背を正すクラフト(力)、レーベン(命)、ヴァールハイト(真実)」へ返歌)

2780何事も原発事故のせいにされ 還らぬ吾子は何処にて泣く/ 面影は永遠に残りぬ残された 我が手を見れば爪同じにて(注:福島の子供ばかりを…)

2781少しでも誰かを傷つけたくないから口をつぐんだの 原発爆発したあの日からワガママを言うには難しすぎるの それでなくてもママは私を助けようと毎日考え疲れてるもの(2780へ返歌)   

2782強き者強者の倫理で押し切りし全ての戦争獣の業/理解し合い打ち解け助く全民族の和合等未だ何処にも実現されぬ/アフリカより黒人連れ出し世界各地に運ぶ船奴隷商人長き時経て巡る因果で国滅ぼし/誰一人負けぬ滅びぬ戦なく賢者は戦わずして勝ち

2783君子は豹変せりとの論語をば 正しく読めぬ者が増えたり(2782へ返歌)

2784あれごらん親に抱かれて寝る赤子内部被曝の心配はなし(注:念仏行者からいただいて。「あれごらん親に抱かれて寝る赤子落ちる落ちぬの心配はなし」(稲垣瑞剣師))
2785すやすやと寝息をたてて眠る赤子に優しい二人の眼差しありて おまえは父母の宝物ぞ おまえのために父と母がなき知恵をしぼって心を砕くのだから(2784へ返歌)

2786原発は原爆等し命換え命堕として命閏か/悪夢呼ぶさあ此方は甘いよとあなただけよとそっと告げよし/大嘘の猛き声にて迷いにて洗脳されるは虚ろなりけり/愛の精夢ばかりに現れてこの手を引きや今この時に

2787我等皆こっちの水は甘いぞと誘われ釣られ飛んで火に入る蛍也/火に入りてもまだ懲りず苦き水吸い続ける虫達燃えながら/真顔で法螺吹く政治家は悪の黒子の操り人形/小さな嘘は暴けても余りに大きな嘘は暴けぬ茶番劇偽の太陽天に貼り人を欺き(2786へ返歌)

2789禍々し名に例へるは我が罪を償いて後の業とこそ思へ(石原朝臣伸晃に詠みて与へる。「サティアン発言 伸晃氏が釈明」)

2790欧州を離れ国を作りて200年先住民を押しのけ欲深き野獣の独善独立宣言/自由を掲げて他の国に不自由を強いる自由の国/戦争という名の産業を誰が営む悪の陣営マンハッタンの自由の女神黒き涙を流したり/皆が知る正義を謳うその裏で世界を奴隷に支配する策大きな国の小さき知恵

2791憐れそれ過日の習い繰り返し勝てば官軍負ければ賊軍(2790へ返歌)

2792毒を撒く核は剥き出し空海へ文明の廃墟空しき残骸煙を上げ/弔う事なく石の棺も用意されぬ亡霊の如くに核は泣き続け

2793悪と知り毒と知りつつ押し進む悪魔の棲家国会議事堂/高々電気を起こす為人間を根こそぎ壊す狂気の核体を溶かされ苦しみ死する者達の声を聞け/被爆国広島の学び何処にある二度と間違い許されぬ国が/日本を駒に利用して地球を核で壊滅させる死のチェスを打つ黒幕誰か

2794その黒幕は パイロットの母の名前を かつて飛行機に名付けし国 そして今もまだ 戦争を楽しみ国民を奈落の窮地に置いている国(2793へ返歌)

2795廃屋に剥き出しの核抱きしまま二度目の秋も大地は震戦 

2796福島の子どもばかりをこんなにも 速く大人にしたる原発

2797荒れ果てた自宅の庭に草生ゆる自然は人智を凌駕してゆく

2798一度の地震津波に壊れたる人間の造りし原発なれば

2799福島の原発さえも収束せず ひとのいのちを焚いて原発推進

2800日本のみならず地球という船傾きたり世界の各地に仕掛けたる原発という死の爆弾/情報を集めて作るジグソーパズル人工衛星から見る様に今全体像が見え渡り/軍は宇宙に人工衛星の目を持ち地球を見下ろし民は囀るツイッターで地を這いて大地に網張る/この星は今自らの体を蝕む癌に悩む
 
2801さてぃあんはフクイチならず東電と林立させたる自公なりしを(石原朝臣伸晃に詠みて与へる。「サティアン発言 伸晃氏が釈明」)

2802さ夜ふけに地震くれば先づ福島の壊れ原発の無事祈るあはれ(「Feel sad.We attached an earthquake.We have the first worry is broken fukushima nuke.Feel dread.」)

2803今はただ4号機プールの崩壊を恐れ見守るこの世界かな(2802へ返歌)

2804ドヤ街原発ムラの若いあんちゃん父ちゃんおじちゃんたちが 親会社から孫ひ孫請けで原発へいく これが最近流行りのこの国の兵役スタイルさ 死んでも報われぬ知らされぬ酷い話だぜ(注:ごめんなさい、こんなこと書くべきではないけれど皮肉を込めました。)

2805「諦めた」福島に住む妹が疲れた声で悲しい声で 

2806弟がもう駄目なんだよ茨城だってヤバイんだ そう言って力なく下を向いた七夕(旧)の午後 諦めないで その言葉が虚しく響くけれど 子どもの未来だけは諦めないで チェルノブィリの子らが次の命を紡いでいるから」(2805へ返歌)

2807烈しさがほしい 人の心を揺さぶる熱もつ詩人(尹東柱)のような静かな烈しさが この国が忘れてしまった殺されそうな何かに気づいてほしいから

2808和訳:原発。なんだそりゃ? 人々を苦しめるだけの装置だよ。 (発音:アーカーヴェー。/ ヴァス ゾル ダス デン? / アンラーゲ、 / ディー メンシェン ヌア / パイニゲン カン。) (注:AKW. Was soll das denn?! Anlage, die Menschen nur peinigen kann.)

2809雲高く草地の港風抜けて手を組んだまま帰る背中よ 

2810「基準」という言葉を殺した人がいる誰も「基準」に拠ろうとしない