#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

中国吉林省・延辺朝鮮族自治州をめぐって�F8月23日前半

23日は
朝鮮半島に暮らす人々の聖地であり、
中国でもかつては満州族の発祥の地としてあがめられ
今では自然保護区となっている名峰、
長白山(朝鮮名:白頭山(ペクトサン))に行きました。

延吉から長白山までは車で約五時間。Imgp0454

今では途中から高速道路も出来たのでかなり近くなったそうです。
ホテルを朝4時に出発しました。
最初車は夜明けの霧の中をひた走ったので、
車窓の山並みや町並みはとても幻想的でした。

途中でちょっと休憩し
ついに長白山に着きました。
地下駐車場に車を止めてから山門の方へ歩いて行くと
女性が丁章さんの息子さんにひどく心配そうな表情で近づいてきて
「山は寒いから風邪引くよ〜、これ着なきゃ!!」
と暖かそうな赤いコートを差し出しました。
確かに標高が高いのか、寒さを感じました。
女性はオモニたちの心配を巧みに誘って
コートを貸す「貸しコート屋」さん。
心配する表情が真に迫っていたので
丁章さんの奥様も心配になり姉弟に一着ずつ着せることに。
しかしあとで山を登ると体はむしろ暑くなって
コートは結局ご両親のお荷物となりました…

さて長白山の「門」はこんなりっぱな建物でした!!012
これは新しく出来た門とのことです。
以前の門とは比較にならないほどりっぱなものになっちゃったなあ、と
かつてここを訪れた愛沢さんと丁章さんがしきりに残念がってました。
趣きのあった素朴な旧門は
少し離れた目立たない別な場所に立っていました。

さてバスで登山口まで行き、そこから自力で登山。
山頂には憧れの火口湖「天池」があります
(日本である友人がその美しさをしきりに語っていたので、私もずっと憧れていました)。
神秘的な湖だからかImgp0464
中国ではネス湖ネッシーのように「龍」が住んでいる、
と言われているそうです。
「天地水怪」という名のマスコット人形も売られていました。

また火山ですので、方々で温泉が湧いていて
この登山口でも温泉卵が売られていました。
朝食代わりにまずはこれで腹ごしらえ。
しかし殻の中から中身をすするという芸当が私にはなかなか難しかった…Imgp0468

やがて「血の池地獄」みたいなところを過ぎたところで
橋の下にみえた長白瀑布から流れてきた川の水しぶきに感動!!

こんな清冽な真っ白な水しぶきは見たことがないです。
小さな水泡の一つ一つが
生まれたての喜びの声を上げているようにImgp0474
本当に嬉しそうに煌めいていて
見ているとこちらの命そのものも洗われていくようでした。
ずっと見ていたい位。
火口湖に流れ込んだ雪解け水が
何の汚染もされず勢いもそがれずに
神の次元から人の世を潤しに現れ出てきた美しさ清冽さ─

もちろん長白瀑布そのものも力強く美しかったです。Imgp0479

やがて道は森林に入りました。
森林浴の緑の光に包まれました。
しかしいつまでも道は下っていくのでおかしい…
「この道は『天地』でなく『小天地』に行くらしい」と一行が気づいたのは
かなり歩いて案内人にたずねてからです。
意を決し引き返し貸し切りジープのいる所までバスで戻りました。
そこから頂上まで
ヘアピンカーブを何度もタイヤが悲鳴を上げてのぼる
思わぬワイルドなジープサファリを経験することになりました。(続)