#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

『詩人会議』8月号に、詩「月桃―伊都子忌によせて」が掲載されました

『詩人会議』8月号に、詩「月桃―伊都子忌によせて」が掲載されました。

今年4月29日に京都で行われた岡部伊都子さんの命日の集いに、沖縄・竹富島から贈られた月桃の花をモチーフとしています。沖縄で自決した恋人の魂のように、岡部さんが生涯愛し続けた花でした。

月桃 ―伊都子忌によせて(前半部分)

                      

初めて見たはつ夏の花は

今は亡き人の 桜をめづる優しい遺影の前

微笑みをしずかに受けとめ俯き壺をあふれて咲きこぼれている

遙か南の島から贈られた

その人が魂に宿しつづけたという白い花房

思いの外甘い香りはなく 

咲きはじめて七年を生きているかのよう

赤らむ蕾の先は今ここの空気に触れ

可憐にとまどい黙している

花は見る者の心をのぞき込む

(私を根から慈しむ、うつぐみ魂はありますか)

亡き人自身が今摘んできた、とでもいうように

花は感情をかすかに高ぶらせ 揺れている

私の��本土�≠ェ花の��沖縄�≠ノ照らされる

(後略)

Img_21731_2

Img_23621_2