#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

# 連歌デモ3601~3653

注:本記事と歌集で作品番号は必ずしも対応しません(編集の都合上変動ないし不採用もありえます)。

3601木槿と桜我の大切なふたつの国の花 この花とこしえに平和な地に咲き誇らんこと願う 試練与えられし乱れた時だからこそ切に思わん今

3602地球の常識原発止めろ何度も言わすな狂気よ鎮まれ目覚めよ命よ

3603他人の言葉借りて語らず自分の命語り給へあなたの命はあなたのみ知るそれ故に

3604政府に自治体内部被曝を幇助する愚かな国が何処にある国民は国の宝ぞ

3605もはや民邪魔者なりと思ふらし政府に自治体被曝を勧む(3604へ返歌)

3606自国の民が苦しむを見るが楽しか悪代官一向一揆始まる世(3605へ返歌)

3607封建の世が良かったと言わせるな一揆起こるは主の不始末改易ぞ(3606へ返歌)

3608ごめんねそれしか言えぬ私にどうして泣くのと訝る幼き君をぎゅっとだきしめる 今はそうしたいの 君を守れるように.

3609権利主張鬩ぎ合わねば独り勝ち政治の世界思いやり譲り合うには程遠し

3610DNAを壊す放射能花鳥草木奇形にし宇宙のリズムを狂わせ歪める

3611この国に生まれしことを悔やむなど誰が心底望むといふか(おい政治家よ…)

3612狭き島繊細なりし大和民族 営む文化の麗しき愛し誇らん(3611へ返歌)

3613便利さを求めるあまり作りし不自由ゆき過ぎたるは及ばざる如(3471「物数多余れる世に生き」に返歌)

3614生きるとは簡単なことなるを 便利を求めて難しくする/ドア押さえ後のひとを気遣うを 優しさのリレーと我思うなり(3613へ返歌)

3615栗の実を無邪気に見る目が愛しい 君にきらきらと輝く明るい希望があること願わん今日

3616醜悪な原発の残骸弔いもせず勇み足にて踏み荒らす国土

3617ママはんぶんこといって 半分にしたクッキーくれる君 大人になっても覚えていてね人を幸せにする魔法だから

3618魔法の鏡覗き込み答えを問えば世界で一番愚か者原発を作りし輩と

3619調和と平和の意味知らぬ者が障子の穴に覗く未来は阿鼻叫喚

3620忘れ難き過去の栄光繁栄を語る法師に耳は無かれり

3621過去の亡霊立ち上がるごとき総裁選満身創痍のこの国にして(3620へ返歌)

3622あべしのべまちがえやすきひとに告ぐ不安倍増の倍の字と知れ(3621へ返歌)
3623みせかけの繁栄に踊らされし宴のあといぢめ過労死環境破壊(3620「忘れ難き」へ返歌)

3624言葉のレーザー患部を焼きて病巣を崩し健常細胞露わにさせるか

3625我正義とは言わねども狂いし世界狂いたりと知る正気は持てり

3626めげず怯まず弛まず進む風を怖れぬ鳥の様に飛ぶ

3627清らなる秋の空気に混じりたる放射性物質科学は防げず

3628涼風の凛と張りたる空気の中に血清の無い毒蛇住まいて(3627へ返歌)

3629赤き薔薇の棘指に刺しゆるり流れる血潮見つめる我が庭で(3628へ返歌)

3630胸にある熱き血潮の行きどころ何に求める薔薇の問いけむ(3629へ返歌)

3631胸奥の心音響くその中心日々 翳め行く胸騒ぎ滾る血潮は未来を告げ(3630へ返歌)

3632未来をば紅葉の手のひら握りしめ 笑う子らの為に抗う(3631へ返歌)

3633親鳥の疾風の如くに子を守る 情の深きに手遅れは無し(3632へ返歌)

3634親鳥は卵を守りて身は細る 見習いたまえ政治家諸君(3633へ返歌)

3635虫すだく五坪の庭をつつみ込む秋冷にすら怯む昨今(3627「清らなる」へ返歌)

3636花溢る花屋の店先迂回して 何に怯えるひとに怯える/ 無関係無関心でいられるは 我のみぞ思う秋の淋しき(3635へ返歌)

3637己れらに都合の悪い情報を隠す伝えず改竄してゆく

3638母親の子どもを見る目の確かさを嘲るひとに母はいないか

3639薄白き靄広がりたる青空の遥か向こうには核の廃墟が

3640戦争の経験ありし党員も声上げられずネットサポーターの荒ぶる怒号に(注:自民党総裁選)

3641フクシマの核戦争や旭日の深き野望や凶々しき世(注:ますます暗さを増してきたような今日この頃…)

3642死の灰にまみれる怒り奈落へと堕ちる悲しみ汚れてもなほ

3643携えたことばはここで放たれていつかのあしたを照らして光る(3433「詠み人は手を携えて歩みゆく一人では無く無力でも無く」に返歌) 

3644あどけない 少女の瞳何を見つめ待たんや ただひとこと詫びる言葉も見つからず途方にくれん我に優しく微笑み囁くなり 歴史を忘れるなかれ悲劇は今もどこかであらんと (注:韓国の従軍慰安婦の像をみて)

3645これやこの往くも還るも笑みうかべ秘める涙は地の露となし(#脱原発 併せて川口発の復興支援ボランティアプロジェクト、笑顔*(^o^)*届け隊!によせて)

3646昔なら紅旗知らぬで強がれど今は斃れる原発知らねば(注:「紅旗征戎我が事に非ず」)

明月記)。「紅旗」は天皇を奉じる平家の旗の意。)

3647見せかけの繁栄なれどもその中にひとは労り優しく生きむ

3648子供らの命こそ守れ未来への宝失い復興はありや(注:福島集団疎開裁判の勝利を祈念して)

3649背中押すきっかけ欲しいひともいる子どもを思うこころは同じ(3648へ返歌)

3650子どもらの健やかな成長ありてこそ繁栄築かれん 未来の宝痛めつけるは一生の禍根なり /までいに生きよ子らのため 何よりもいのちが宝 形ばかりの復興ほど愚かなものありやなしや(3648へ返歌) 

3651希(こひねが)ふ遅きに失せし感あれどなほこの国を好きだと言はせよ(おい政治家よ…)

3652生まれくるいのちのゆめにあまちくるあいのしらせにせかいひびきて/老いのゆめたおやかなりしときをもちあいをはなちてゆめみちびいて/病してわたしのありかあいおもいきせつのあめにおもいかんじて/死にゆくとおもいははるかゆめさきのあいのふるさとおもいかえりて

3653狂った世界渦に揉まれピエロの面を被りて踊る道化の悲哀