#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

#連歌デモ4081〜4138

※投稿規定はhttp://reliance.blog.eonet.jp/default/2012/07/post-9dcf.htmliを御覧下さい。

4081続きゆく地鳴り悲しみ今日もまた福島原発無事を願わん

4082幼らの「またねバイバイ」返事する また明日ねを毎日続けて

4083(4060「目をそらし」に返歌) 目を逸らし耳塞ぎたるひとびとも顔上げたくなる幸いよ来よ

4084(4061「風吹けど」に返歌) 風吹けば桶屋が本当に儲かるか 聞いて見たし経団連

4085 (4065「朝鮮戦争」に返歌) 北といい南と名付けた後ろ楯 振り切りきれぬ国ぞ悲しき/ 分断の歴史を今も悲しめる 民人ありて今と重ねる

4086(4082幼らの「またね・・」に返歌)二十年否十年その先に我みえず 子らの「またねバイバイ」の声も聞こえずばどうしよう 許せ許せ

4087膿み出しや浄化と呼ぶには致命的日本は如何に良きへと変わるか

4088薄灰の巨大な繭に空包まれし眠る蚕が生まれる時待ち

4089(4086「二十年」に返歌) 国家百年の計今や望むべくもなし 尚より良き道を手探り進む

4090(4083「目を逸らし」に返歌)絶望を呪文の如くに念ずれば願い通りに絶望になり*艱難辛苦その中にでも幸福の風念ずれば春風の頬を撫でたり
4091のんびりと構える我らに時迫りしか時限爆弾カチカチと鳴り
4092(4090「絶望を呪文」に返歌) きらきらと陽光浴びて今まさに 暗き淵よりゴイサギ翔べる / 池の上枯れ木に佇むゴイサギは 絶望なのか静寂なのか

4093(4083「目を逸らし耳ふさぎたる」に返歌) あまりある 慈愛を込めて うずくまる 人々の肩 抱き慰めん

4094(4092「きらきらと」に返歌)失われし緑の田求め東京の 川の上を飛ぶ白き水鳥何を探して*浮世を知らぬ水鳥の無垢なる姿物想う如きに俯き

4095(4084「風吹けば桶屋」に返歌) 経済は 民の暮らしを 救うもの 経団連よ 人々に 感謝されるか 憎まれるのか 欲に目眩むと 笑われるなかれ

4096(4095「経済は」に返歌) 痙攣し断腸の思い連ねたり民悔しきを知れ経団連* 民の幸福目にかけず企業発展追いかけて推進派行く地獄道

4097(4090「絶望を呪文の如く」に返歌)神々に 宣(の)り申し上げる 業(おこない)を 祈りとも言い 呪いとも言う / 誰に宣(の)る? 何を何時まで 誓うのか? 怨みを込めて? 恨みを越えて?

4098土に触れ風に吹かれる一身にこの喜びも今や悲しき
 
4099ガンジーやキリストの説く無抵抗黙すは禁の反原発には例外也

4100「絆」とは動物を繋ぐ綱の意味、動物として被曝させられ (注:きずな【絆・紲】�@馬・犬・鷹など、動物をつなぎとめる綱。(広辞苑第六版))

4101死の灰の 舞い降る空に 死神のあやつる箱が 浮かんでいる世(注:別に安全じゃないから止めろといってる訳ではないのだ、原発オスプレイも。)

4102白々しき世を白々と照らす太陽秋の空遠き雲の中

4103今想えばしょっちゅう鼻血を出してたね マグロがニュースになったあの頃/半減期の倍がたてばなくなるの? いや、半分のまた半分さ/半分になるまで三十年とか二万年とか もう考えたくない小さな頭で/ストロンとつけられしあだ名 大量にとりこみ中です水から空気から

4104潮巻く押さば押せやの押し問答海が守りし秋津の島に

4105二分の一 二万四千年 四分の一 四万八千年 八分の一 七万二千年 ん、いつになったら ブルトニウム なくなるの?

4106(長歌)流れても 消えはしないし 中からは 逃れていかない だからとて 無頼に走らず きっちりと 暮らし続ける 人々を見よ  (反歌)叫びこそ 押さえる日々の 不安にも 負けずに暮らす 人々に手を

4107(4065「朝鮮戦争」へ返歌)分断の歴史 その悲しみいつ終わる 民が流せし涙の数は那由多のごとく 心の痛みいつ終らんや 大国に翻弄され二つにされし民の痛みは
4108(「朝鮮戦争」へ返歌) 歌は国境軽やかに越えん 我知りたや 我に繋がる幼き少年が生まれた国を 形をかえ歌は流るる言葉奪われても 優しき音になり文字になりて そうして生き残らん 友よあなたの願いもまた

4109(4082「幼らの」へ返歌)またねその言葉 いつまでも覚えていたい あたしのなまえ りりか りりかと 大きな声で君が何度も教えたように

4110毒を避け3度の食に気を配り汚れし物を口にせず身体を守る日々過ぎて

4111どの国も銃や爆弾無いならば自国の民も守れぬか* 兵器など全て溶鉱炉入れ溶かしてしまえ平和の線路にしてしまえ* 何時何処で卒業式を行うか人類の野蛮殺人学校の

4112(4111「どの国も」へ返歌)国を守る その国とは一体 何だろう 民を苦しめる 国ならいらない

4113午後三時目覚めた太陽起き出して目も眩むほどに照らす一瞬

4114(4112「国を守る」ヘ返歌) 侍ならば脱藩で里を捨て諸国さ迷う素浪人*国民は脱国出来ずに国境も越えず*パスポート国籍貰い土地に住み税を納めて其れが国民* 国とは故郷帰る場所暖かき家族であるとは理想論

4115さざ波をたてて流るることば川沈黙守りし青き空の下

4116目を凝らしガイガー計を睨み入る都民の姿誰が以前に想像出来しか

4117森羅万象汚すな核で原発と軍隊無ければ天国に近き地球を

4118 3.11忘れ難き日に生まれし友もう二度と誕生日祝う気にならぬと言い

4119 (4118「3.11」に返歌)我が友は9.11が誕生日複雑な思ひと我にもらしぬ

4120野分け去り澱みし大気清まらず祓え清めと白きカモメが羽動かして

4121(4119「我が友は」に返歌)9.11狂言劇のシナリオ通りか 国民騙す犯罪者の国悪しき友* 忘れてならじ3.11悔悟の日と定めて国は黙祷捧げよ永遠に

4122(4118「3.11」ヘ返歌) 忘れられぬ日にあまたのいのち祝福され生まれけん そのいのちの意味我は投げかけん 汝が友よ君のいのちの意味もそこにあらんや

4123吹き抜ける 秋風見やる 福一は 去年(こぞ)の秋と 同じ廃墟  (注:
「1年も経ってんのに何やってんだよ」と、背に放射能をしょった秋風が呟いたかどうか・・・) 

4124今ここに 感謝の言葉 動かす力 もっと広まれ もっとみんなに 

4125生まれしに学びに夢の世界して愛に焦がれて想い離れて/想いにて愛に背いて何処向かう果ては破壊に私滅びて/連みいく絡む世界の利害にて貧しき想い愛を離れて/汚されて壊されてなお報復せず無限の愛は・・・・・・・

4126(4109「またねその言葉」へ返歌) 「にちようび うんどうかいなのさいごなの かけっこはやいよあおぐみなんだよ らいねんはぼくいちねんせい」 ランドセル背負う君に会いたい

4127(4107「分断の歴史」へ返歌) 彼の国に遺されいし人々も 魂は翔りて立ち戻りたる せめて信じよ那由多の如き果てなき未来に共に集わむ 蓮の臺

4128官邸にレンガを投げつけたき願望を#連歌デモにて慰めけるかな(注:禁断のだじゃれ歌。おまけ:煉瓦でも投げつけたしと連歌デモ(五七五))

4129(4128「官邸に」へ返歌) うざったい総理の顔に煉瓦打つ代わりに放て言の葉の矢を(注:なんちゃって(*´-`))

4130(4128「官邸に」へ返歌) レンガレンガ レンガをお呉れ いや欲しいのは 連歌デモのほう

4131(4130「レンガレンガ」へ返歌)煉瓦投げ積め空高く塔立てよ塗り込め偽善者赤き独房

4132 (4118「3.11」に返歌) 毎日が誰かの命日誕生日 産まれ来るも去る日も選べず / 11日民人こころに背負いけり 涙の数だけ前向く力に
4133(4128「官邸に」へ返歌)煉瓦でもどうして足りよう官邸は厚きベトンで石棺とせよ(注: 建材準備集合教唆罪w)

4134国連原発事故の謝罪なしまさか終わった? 呆れられてる

4135(4124「今ここに」へ返歌)願わくば 我が亡き日にも 歌興れ 人の心に 火起こす歌が

4136(4132「11日民」へ返歌)壊れた未来予言され最終戦争生き伸びし生存者達腐海に潜み* 奇妙なり運命の日か此の黙示録世に現れり* 一千年後の日本の図水晶で見透かす様に語られて(注: 1984年3月11日風の谷のナウシカが公開された日に)

4137自らが汚したる地に住む子らの未来無視する東電幹部 

4138本当に安全ならばかくあるべし原発オスプレイすべて首都圏に