#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

河津聖恵のブログ 「詩空間」

この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

2022年2月7日付京都新聞朝刊文化面「詩歌の本棚・新刊評」

 詩の言葉はふいにあふれだすものだ。日常の奥底で密かに熟成されてきた言葉が、やがてふさわしいテーマに行き当たる。その時、詩は解放されるように生まれる。「私」が「私たち」となるための地平が見えてきて、言葉は彼方へとあふれる。
 浦歌無子『光る背骨』(七月堂)は、フリーダ・カーロ伊藤野枝など、自らの愛と意志を貫いた五人の女性の魂を詩の力で蘇らせた。資料の読み込みと深い共感を元手とする筆致はたしかだ。五人の横顔がいきいきと浮かび上がる。聞こえてくる彼女たちの真率な声は、他者の魂に触発された作者自身の魂の声でもある。声は唱和し真実の地平を今ここに現出させる。
「野枝と呼ぶあなたの鋭い眼光に/わたしはじゃぶじゃぶ洗われた/海の波はぴたりと止まり/火の玉のような月がじゅうじゅう音を立てて/海から空へと昇っていった/わたしたちを祝福してくれたのは奈落だけだったが/いっこうにかまわなかった/わたしがわたしを生きるのには/誰の賞賛もいらない/鎖は断ち切られ/わたしはわたしの亡骸を海に捨てた」
「鎖骨のひとかけらは/果てしなく広がる海と等しい/泡立ち渦巻きわたしたちは吠える/運命の縄に捕らえられたとき/真実燃える薪となって/あなたの死は燃えるだろう/わたしの死も燃えるだろう/死してなお燃える眼球があなただ/死してなお燃える脳髄がわたしだ」(「大杉栄へーそのときあなたはもっとも生きる」)
 小林坩堝『小松川叙景』(共和国)が見出した地平は荒涼とした「重化学工業の夢の跡地」。高度成長時代の「未来の墓標」として巨大団地が立ち並ぶそこでは、死者の密かな意志のように汚染物質が今も滲出し続ける。作者は不都合な過去を偽装する現在という時空で、「戦後でも戦前でもなくひたすらの事後である肉体」を一人踊らせる。それは孤独な舞踏でありながら、「わたくしからわれわれを回復する為め」の人知れぬ戦いでもあり、隘路から詩のあふれる「瞬間の自由」を獲得するための儀式でもある。
「わたしは深夜の寝室で踊る/戦後でも戦前でもなくひたすらの事後である肉体/を瞬時の自由に放り出す//ーーおれを独りにしてくれ その為めに/ーーおれを輪に加えてくれ/おまえを おまえたちを 抱きしめさせてくれ//長く生きる者がのさばるこの国で/踊りは祈り/暴発する欲望(われわれ)だ/閉ざした遮光カーテンのむこう/いま街区はしずか/春の眩暈に足をとられたなら/せめておのれの温度を護れ/地面に寝転び底抜けであれ/無人のなかに人の在ることを/風吹き抜ける不条理を/ゆめゆめ忘れるな/誰か(かれ)の奪われたあしたがやがて来る」(「三月」全文)
 角野裕美『ちゃうんちゃいます?』(土曜美術社出版販売)の作者は大阪生まれの大阪育ち。「〝想い〟を強くのせられる」大阪弁で書かれた作品に惹かれる。「ちゃうんちゃいます?」「歯ぁ、が。」「かなんな」と題する詩もある。全体に日常のざわめきが満ちるが、詩「『あんたなんか産むんじゃなかった』というささやき」では大雨の日、レジの店員が不意に手招きし、「わたし」の耳元で親から吐かれた暴言を囁く。「わたし」の動揺は詩の終わりまで収まらない。「運転席についても/ずくずくの気持ちが乾くまで/エンジンを直ぐには/掛けることはない」。激しい雨音と警報のアナウンスもあいまって、「ずくずく」というずぶ濡れを表す擬態語が不安をかき立てる。この不穏な世界からやがてどんな地平が見えてくるのか。

 

 

 

新詩集『綵歌』刊行のお知らせ

新詩集『綵歌』がふらんす堂から刊行されます。

刊行日は若冲生誕の2月8日。発売日は奇しくももバレンタインデー。五年半かけて試みた詩による若冲へのオマージュです。若冲の代表連作に「動植綵絵」がありますが、そこに収められた絵が30幅であったことに私なりの敬意を表して、30篇の連作を書きました。若冲の絵をモチーフとする詩は25篇。「動植綵絵」以外でも私が詩を触発された絵が含まれます。残り5篇は若冲の生き様や時代をテーマとしたもの。若冲は40歳で家督を次弟にゆずり隠遁したことが知られていますが、それは現実から逃避する道を選んだことではありませんでした。この絵師にとって隠遁はむしろ、実存の葛藤や理不尽な権力への怒りを、率直に行動にうつす魂の純粋さをはぐくむ揺籃となったのです。この詩集ではそのような絵師の姿もえがいています。

f:id:shikukan:20220202160255j:image

上の写真は部抜き(製本前のサンプル)です。この調子でいけば、刊行日の2月8日は無理でも、発売日の14日には間に合うのではないでしょうか。とても美しい装丁です。ぜひ手に取って、詩となった若冲と出会っていただきたいです。

2021年12月6日京都新聞朝刊文化面「詩歌の本棚・新刊評」

 人の心は今どんな傷を負い、どんな希望と絶望が明滅しているのか。不可視の痛みが多くの人の心に深まっているのは確かだ。自己の痛みからそれを捉えられるだろうか。痛みもまた心の奥底で共鳴しうる響きを持つとしたら。遥かな他者の痛みを感受するために、言葉をいかにアクチュアルに研ぎ澄ましていけるだろうか。
 藤井雅人『孔雀時計』(土曜美術社出版販売)のテーマは、人間と自然との間にある亀裂、もしくは人間における時間と永遠の相剋がもたらす根源的な痛みだ。作者の文学的素養に裏打ちされた格調高い言葉が、現代の痛みを抉りだす時、時空は遥かな過去と交わっていく。原発事故の影に覆われたこの今に深まる痛みは、やがて末法の痛みとなり、三十三間堂の千体仏に及んでいく。
「仏の海に/たたなわる波//地にのびひろがる/放射線の波//堂宇をうめつくす/千体の仏のしじま//音もなく浸食される/われらの地//無辺際のあわれみは/矩形の壁でくぎられ//とめどない嗚咽は/避難所に閉ざされ//濁世から追いやられ/身をよせあう仏たち//避難者は四散し/記憶は砕けた宝石となって転がり//仏法の滅びに/千のまなざしがおののき//線量計のゆらぎに/凍てついた目が吸いつき//仏の光は/朽ちかけた像からあやうく洩れ//原発建ててはならぬまことを/汚された野と山がことばなく叫ぶ」(「福島原発事故
哀歌―三十三間堂で」全文)
 山本英子『花・深い日傘の』(私家版、近江詩人会などで入手可能)は、この世に居場所のない者たちが抱える様々な傷を、象徴性と肉感性を巧みに交錯させなが描きだす。各作品にはDVなどの事件や自死といった悲劇が暗示されるが、言葉はひたすらまっすぐに命の次元に向き合いつづける。痛みとは命の叫びでもあるという真実。それを作者は詩によって深めていこうとする。一方、性愛の愛おしさと虚しさを、宇宙的な視野で描く次の詩も面白い。
「花嫁は/柩の中//花婿は空を飛ぶ/万の大群で//業花は無音の大河を成し/罪雪は崩落し続け//時は時と無限に交合し時を産み/人類が示準化石となる/億年の彼方/生命生産工場跡を広大な風が行く//かつて存在した/美しい男たち/農夫よ/樵夫よ/漁師よ/そして/猟師よ/鉱夫たちよ//素裸で/花嫁は柩の中//万の花婿は空を飛ぶ/純白の体液をまっすぐに引いて」(「鮫小紋の裏」全文)
 朴八陽『麗水詩抄』(上野都訳、ハンマウム出版)は、植民地下朝鮮では文学者・新聞記者として、解放後は朝鮮民主主義人民共和国の文学者として活動した詩人のアンソロジー。韓国では少しずつ研究が進んでいるようだが、詩人の評価はいまだ南北分断の政治的な影響を免れられないという。植民地時代の朴の作品は確かに抜きがたい鬱屈が漂う。だがそれを突き抜けて、春は必ず訪れるという希望へ向き直る向日性がある。それは、体制を超えて書きつづける強靱さでもあるのだ。
「うたうにはあまりに悲しい事実/百日紅のように真っ赤に咲くことも叶わぬ花を/菊の花のようにいつまでも咲くこと叶わぬ花を/冷たい雨風に打たれ散るか弱い花を/うたうよりは手にして泣くだろう//だが ツツジの花は訪れんとする春の姿を思い描きながら/寒風が吹きすぎる山肌で むしろほほ笑み告げるだろう/「いつまでも永く咲くは 花にあらず/先がけて春を知るのがまこと真の花だ」と。」(「あまりに悲しい事実―春の先駆者 ツツジをうたう」)

2021年10月18日京都新聞朝刊文化欄「詩歌の本棚・新刊評」

 最近詩で京言葉を初めて使った。東京から京都に来て長い年月が経つが、その時母語である標準語からふっと解き放たれた気がした。意味や感情に柔らかさが生まれ、風通しがよくなり、対象がぐっと近づいた。
 方言には標準語にはない生命力がある。京言葉にも柔らかさや雅さで、標準語がとりこぼしてしまう情感をつかみとる力がある。母語として用いる場合はなおさら、身の内からあふれるものをふうわりと抱きとってくれるだろう。
 橋爪さち子『糸むすび』(土曜美術社出版販売)は、全25篇中4篇で作者の母語である京言葉を用いているが、それは、本詩集の中心的モチーフが母への愛であることと密接な関係があるはずだ。「白寿を迎えてなお、祝祭の方向を無心に見上げている母の姿は、私には、宇宙の慈光を具現化したもののようにも思え、とても大切に感じます。それらを追う風のようでありたいとも。」(あとがき)星を見つめる母、母を見つめる私、そしてかけがえのない最後の日々を紡ぐ数々の小さな出会いーやがてそれらがみな「色あざやかな糸」となって結びあうことを、作者は予感している。
「肩の後ろを/水の垂れるような音がずっと付いてきよる/誰や 振りかえる眼のおくを/撫でるように優しい翳が横切りよる/その柔らかさが かなんのや//実は私のかあさん/車椅子の前屈みに今はもう/ほとんど喋らへん笑わへん怒りもせんで/病室の遥か彼方を仄暗い眼えで見つめたままや//かあさん/かあさんも産みたての私を初めて抱いて/その滴るように無垢な柔らかさに思わず/私を落としそうになった日の怖れ/よう 覚えてるやろ//あの遠い日の怖れと今いまの今日/死の腕(かいな)にふかふか抱きしめられてる怖れいうのは/えら
いこと似てるのやないやろか//明日は/かあさんの古い着物つぶして作った巾着に/水蜜桃ふたつ入れて見舞うさかい」(「もも」) 

 有馬敲『もっと 光を』(澪標)は、京都生まれのオーラル派詩人である作者が、散歩道を歩くような自然体のテンポと語彙で、京都の風景と一体化した老いの日常を綴る。出町柳三角州辺りを描く詩は、病の不安に研ぎ澄まされた作者の五感をとおし、川の煌めきや堰水の音がリアルに伝わってくる。最終章は6篇中5篇が京言葉の詩。母語が時代への思いを、歌のように解き放った。
「まあ そう怒らんと 笑えよ/笑えよ 笑え/まあ そう威張らんと 笑えよ/笑えよ 笑え 笑え/まあ あほになって 笑えよ 笑え/くさらずに 頭をあげて/笑えよ 笑え 笑え//まあ そうむずかしいこと言わんと/笑えよ 笑え 笑え/この世はなるようにしかならん/笑えよ 笑え/お笑い芸人のように ひけらかさんと/笑えよ 笑え 笑え」(「自然体」)
 安森ソノ子『京ことばを胸に』(竹林館)は、京言葉が「肌から離れない」ものとなっている作者が、母語とあらためて向き合った詩集。話者である「京女」の無垢で雅な声は、作者個人を超えた無数の母の声のようでもある。京言葉で異国体験を綴った詩や、「御所ことば」を使った言葉遊び風の詩が興味深い。
「おあかりも揃えられ おみつあしの形もあもじの好みとせんもじ様の好みに合わせてございました なかつぼからつぼねぐちの方へ つもじが飛んできて しんみょう達も ひもじも いとぼいつもじに ごきじょうさんなおみかお 小鳥も はやばやと お祝いに来た様子です」(「きゃもじなおめしもの」)

11月13日「現代詩の祭典」で講演します

11月13日に紀の国わかやま文化祭「現代詩の祭典」で講演をします。

 

紀州・熊野をめぐって詩を書き、詩集『新鹿』と『龍神』が生まれた経験について語ります。

 

中上健次さんと深く関わる詩「新鹿」一篇が話の中心になると思います。

 

詳細は以下のサイトにあります。宜しくお願いします。

https://kinokuni-bunkasai2021.jp/event/a066/

 

f:id:shikukan:20211014130501j:image
f:id:shikukan:20211014130459j:image

2021年9月6日京都新聞文化面「詩歌の本棚・新刊評」

 詩は戦争を伝えることも出来る。詩だけに可能な伝え方を模索するならば。心の内奥で死者と出会う経験を重ねて、それは掴み取られる。幻視する非業の姿、どこからか聴こえる叫び、悲劇を伝えてと託す声。やがて無意識を突き動かされて、新たな詩が始まる。
 石川逸子『もっと生きていたかった―風の伝言』(一葉社)は、戦争被害者のかすかな声々を、歳月を越えて吹く風にのせて伝える。反戦詩でありつつ文体に透明感があるのは、作者が痛みに寄り添い声の媒体に徹するからだ。語られる出来事は悲惨だが、どこか夢のような雰囲気をまとう。本詩集は今を生きる者が夢に見ることもない、名も命日も知られない死者を、詩という夢において愛しむ。
「ヒトはどうして おなじ ヒトを/それも 会ったことなどない ヒトたちまで/飢えて死ぬほど空腹でもないのに/がばっと 殺せるんでしょうか//菜の花が/ゆれながら/風にきいた//風は/かおを しかめながら/雲にきいた//雲は/ながれていきながら/月にきいた//月は/首をふって/くらい海にきいた//海は/底にたまっている/泥にきいた//泥は/いっしょに埋もれている/ヒトのされこうべに きいた//されこうべは/だまって ただ/ひっそり涙をながしていた」(「問い」全文)
 ぱくきょんみ『ひとりで行け』(栗売社)は、済州島四・三事件をモチーフとする。事件は一九四八年、朝鮮半島の統一を訴える左派勢力の武装蜂起に端を発し、「アカ狩り」により一般の島民を含む約3万人が虐殺された悲劇だ。七八年から作者は、長らく故郷の済州島に戻れなかった父と同島を何度も訪れる。そこで誰かを探すかのように宙をさまよう老いた父のまなざしと「眼の奥の闇」に触れ、見えてきた光景、聴こえてきた声に突き動かされる。「ことばにしたら真実を隠すことになるのかもしれない。」と葛藤しつつ、本詩集を編んだ。
「二〇一七年の済州島では/方々の代々の土まんじゅうがあつめられ、あつめられ、/小高い丘の広大な敷地に あつめられている/それは、大きな意思のもとに集合している、ともいえる/石の墓守たちも 寄り添い/海をかなたに 臨み/空にまた 近づき//ここは、生者と死者が等しい重みで、生きているところ//花が咲いていなくても ひかりいろに満ちている//確かに、死者たちは慎ましく土くれとなり/いまも蒔かれる種に惹かれているはずだ」(「ハングゲ 二〇一七年」)
 李芳世『クドゥリ チョッタ(彼らがすき)』(ハンマウム出版)は朝鮮語60篇、日本語20篇の詩を収める。「一篇の詩は、一通の心の手紙だ。」(あとがき)という作者の詩は、巧みなリズムで率直に胸を射る。平易な言葉に込められるのは、今困難な状況下で母国語を学ぶ子供たちへの深い愛情だ。それは言葉を二度と奪われまいと守ってきた全ての人々の思いでもある。「裸のウリマル」は遙かから慈しまれ、明るくすこやかに響く。
「ウリマルが聞こえた/スーパー銭湯でのこと/露天風呂でゆったりくつろいでいると/耳に入ってきた親子の会話/アボジが言った/ハッキョおもしろいか/子どもが答えた/うん。そやけどヨジャがなまいきや/アボジが笑った/子どもはうつむいた/子どもがアボジに向かって言った/チュック イルボンハッキョに勝ったんやで/アボジがへえと喜んだ/子どもはにっこり笑った/ただそれだけのこと/ほんわか ぽかぽか/裸のウリマルがそこにあった」(「はだかのウリマル」全文)

2021年7月19日京都新聞朝刊「詩歌の本棚・新刊評」

 すぐれた詩は音楽に似る。だが音韻が美しいというだけでは「音楽」にはならない。心と心が響き合うという言い方でも説明出来ない。「音楽」はむしろ心が消え果てた冷たい空虚からやって来るように思う。言葉が読み手にひそむ空虚に触れ、不思議に鳴らす。そして無音の「音楽」は生まれる。まるで思わぬ内奥の傷が、新鮮に痛み出すように。
 颯木あやこ『名づけ得ぬ馬』(思潮社)の詩世界をみたすのは、澄明で冷たい空虚だ。そこから深い苦悩を経て研ぎ澄まされた言葉がこちらへ、というより天へ垂直に射られる。同時に言葉は読む者の内奥に突き刺さり、響く。どの詩でも愛や祈りをめぐる痛切な自問がなされつつ、自己や現実はつよく否定される。だがむしろそれゆえ比喩は煌めき、撞着語法は官能的で、詩だけに可能な「音楽性」が生まれている。自立する身体の部位、雪や獣など北方のイメージの多用は、パウル・ツェランの詩世界を想わせるものがあるが、思えばツェランも、アウシュヴィッツの苦悩が生んだ極北の空虚から、煌めく言葉を放つ詩人だった。
「湖面を渡って/霧をぬけて/黒い毛並みかがやかせ/きたのだね、/名づけ得ぬ馬//わたしは 馬に呼びかけるすべなく/蜘蛛の糸を爪弾き/つめたい泉を掬ってはこぼす//きたのだね、/名づけ得ぬ 夏の日//窓はまばたき 兆し捉え/いちばん伸びた向日葵に 一礼するひとびと/すべての耳たぶは 鈴/蜉蝣が ゆめから色彩を吸って生きはじめる//知っているよ、/その背中にまたがって疾走すれば/累々 乙女の屍あふれる谷で 風に斬られる日もある/谷底には ただ ことばにならない雫が/はりつめているだけということ//名づけ得ぬ馬が/まなざし熱く/わたしの真向かいに立つとき//わたし全体を 駆け抜けてゆく蹄がある」(「おとずれ」全文)
 尾世川正明『糸切り歯の名前』(同)の詩行は、軽妙に水平にずれていく。ナンセンスの力で時空は次第に浮き上がり、意味が重さを失い身軽になった言葉は、おのずと歌い出すようだ。「今様の形式だといういろは歌を崩して詩を書いているうちに、また近年、地震やら津波やら疫病やらを経験するうちに、今回の詩集を私流の今様、「歌」だと考えたくなってきました。」(「あとがき」)。空虚の寂しさを浮力として口ずさむ「歌」は、どんなモチーフをも現実からふわりと遊離させ、事物や生き物に自由と生命力を回復させる。「ねずみの歌」は、本詩集の自注詩としても読むことが出来よう。
「この国では人間たちはさておき/天井裏のねずみたちはみんなこの宇宙は/結局のところ不可知であると気がついているのだ/一千万年生きたってこの宇宙のことは何もわかりはしない/そして昨日も今日も何も疑わないし尋ねない/だからねずみたちはほそい穴は通るけれど/その先のことは考えない/むしろ走りながらねずみはねずみのうたを歌うという/口と心を少し曲げてひげを前方の暗闇につきたてて/宇宙の片隅の穴を走ってうたを歌う/開きかけた白木蓮の蕾のように口をとがらせてうたを歌う/うたは天の川が見える天上で広がって/雨のよ
うにしたたり落ちてくる」「昔からほそく長い穴の暗闇を走っていた種族の/先祖から運命づけられた使命がある/宇宙の無限軌道を/走り抜けるいわば列車旅行の乗客として/薔薇の花束のように鮮やかに/百合の花束のように滑らかに/走って/やっぱりその先の星雲を曲がったあたりで/うたを歌うのf:id:shikukan:20210719225629j:imageだ」