#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

#連歌デモ 4139〜4169

※投稿規定はhttp://reliance.blog.eonet.jp/default/2012/07/post-9dcf.htmliを御覧下さい。

4139我妻なれば曳舟神社にて藁人形に DV夫よしひこの名をいれ五寸釘打たんや その前にグーパンチしたや水曜日の夜

4140(4079「絆という」へ返歌)絆という鎖で我らを繋ぐのかこの汚された 核の荒れ野に

4141我がことの薄さかろさにひしがれてしばしの惑い振り捨て詠めん

4142大気圏自然放射を遮りてうまれいずるぞ我がはらからは

4143天に唾放射能除染集めたる塵芥また我が身に降るか

4144(4124「今ここに」へ返歌)言の葉にさまざまな想い散りばめられしあまたの詩(うた)が 人々に愛と勇気と力を与えたまえ 温かき熱ある言葉 広がれ広がれ感謝の言葉とともに

4145福島の友を思へど我が坂道に重荷軋むせめての笑みを胸底に静めて

4146立待の月は雲間に輝かし民が歌々空に映して

4147(4128「官邸に」へ返歌)実際に投げつけるわけにはいかぬともせめて届けよデモの言霊

4148(4147「実際に」へ返歌)積み上げよ言葉の煉瓦歌にして積み上げよ胸に 積み上げよ地に

4149何時か私も其処に行く魂達の集う世界静かなる宴見守る星

4150(4149「何時か私も」へ返歌)我もまた空に集いつつ思うかな高き空より地の有様を

4151(4150「我もまた」へ返歌)人は皆大地に身体預けしもその魂は星界に在りて

4152魂達の集う虚空何時か私も其処に行く静かなる宴は永久に星々見守り

4153ハラッサー撃ちのめさんと立ち上がれ歌もたしなむ煉瓦女子らよ(注:わ?っ思いついちゃったぁ××これツイートしたらほんとにおやすみなぬおぉっ☆彡)

4154指先に触れる黒土喉通る空気我に触れしもの何故襲い来る

4155(4152「魂達の」へ返歌) 星の王子さまの結末のように君も何処かの星で我らに笑み浮かべ見守らんや 無限に広がりし空に輝く星たちに物語託して

4156稔りたる秋の恵みを汚せしはそは誰なるや怨みは深し(注:私に部屋に、良い風が吹き込む季節になった。夏には風向きと建物の向きのせいで風が通らない。 茸も酒も、魚介類も、海の幸山の幸は汚されるばかり…。 何という秋なのだろう、去年この方は。)

4157君ならば あまたの人に力与えんや 詩に熱を込め情(こころ)を詠う歌人(うたびと)ゆえ.

4158三角のきらきら輝く波間には 月光優しく訪れる 鬣振り乱したライオンは 今は何処に眠るのか 全てのいのちと悲しみを今日も月は包むだろう

4159空見れば重々しき雲横たはる 我が心とぞリンクしてをる

4160人の命守る為にあるモニタリングポストの数値一年半後に公開の謎

4161(4160「人の命」へ返歌)1時間で年間許容量超える恐怖3月12日午後2時の事

4162日本国どこへ行くのか分からない野田はアメリカ・財界まかせ(注:野田クン、もっとしっかりしろよ。)

4163(4162「日本国」へ返歌) 野田首相しっかり者でなくていい お願いだから今すぐ辞めて

4164(4155「星の王子さま」へ返歌)#連歌デモ 我信ず死して人は星になりメルヘンでもロマンでもなく真実として* 霊体は星界に在り生きる内にも眠りては星の間に間を旅する魂* エジプトのファラオ伝説真実也故郷のオリオンとシリウスに帰りし霊魂

4165あなたに見せたかった卒業式 あなたに見せたかった結婚式 あなたに見せたかった初孫を 本当は見て欲しかった私のことを また遇う日まで沢山のあなたに伝えることを貯めてゆく

4166(4165「あなたに」へ返歌)最愛の家族失う悲しみは海より深く空より広く込み上げて胸掻き毟り* 子等の笑顔母は決して忘れられまい再び会える天での抱擁

4167福島の農民漁民立ち上がり狼煙を上げて一揆する今* 堪えたる怒りは此処に噴火せり優先順位を誤りし国* 海と土叫んでみても返る事無し国は与えよ新天地何としてでも

4168(4153「ハラッサー」へ返歌) 般若顔心奥に秘め あくまでもたおやかに詠む コレがホントの連歌女子力 (注:丑三つ時に詠める)

4169(4168へ返歌)微笑が呪いに変わる連歌女子藁人形も震え逃げ出し* たおやかの化粧の下に般若顔騙されるまじ敵にするまじ* 頼もしき悪政を討つ呪詛部隊女の情念矢になりて飛び