#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

河津聖恵のブログ 「詩空間」

この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

2021年4月19日京都新聞朝刊文化面「詩歌の本棚・新刊評」

 詩作品にはそれぞれに固有のトポスがある。一般にトポスとは、例えば故郷のように記憶や情動と深く関わる場所を指す。一方詩のトポスとは旅先から自室に至る、詩が生まれたり詩の舞台となったりする時空のことだ。その実相は、日常の遥か外部にありつつ、作者の内面深くに存在する「どこにもないどこか」といえるだろう。あるいは詩人はトポスの予感に促されるようにして、詩を書くのかも知れない。
 塩嵜緑『庭園考』(書肆山田)は庭というトポスについて詩的思考をめぐらせる。柔らかな感受性と土にそっと踏み入るような丁寧な詩行の運びで、庭の生き物たちのいのちと時にユーモラスに交感する。懐かしい死者の気配にみちる庭=詩のトポスでは、幼年期の五感と古代の原初の感覚が重なり合い、詩が始まる。詩を書くトポスとはどこであれ、たとえ一片の白紙であれ、不思議な聖地なのだとあらためて思う。
「土を均し/煉瓦を並べ/花壇を拵え//実のなる木/風と話す木を植え//円卓に布をかけ/紅茶を飲み/晴天の向こうがわを眺める//柑橘を蝶は好み/トネリコを蝉は愛し/座りの良い枝ぶりに/鳥は巣をかけ//私のいない時間に/草木は伸び//花木は/老いながら蕾をふくらませ/鳥は卵をあたためている//庭はだれのもの」(「庭はだれのもの」全文)
「私が/黄楊のふぞろいなのを/揃えようとして/鋏を入れたのだ//その時の/おまえの驚き様といったら//まず/何事! と/事の次第をわかろうとして/首をあげた/いや その前に/手足を二度三度ばたつかせた/そして/首をのばして/目をぱちくりさせた//それが/私と目があってしまって/一秒 ほんの一瞬のことだったけれど/お互いの瞳を射た瞬間に/庭の時間は止まり/お互いの顔を覚えてしまった//目の大きな/小さな顔の男だった/まなじりが少し皺寄っていた」(「蜥蜴」全文)
  森哲弥『少年百科箱日記』(土曜美術社出版販売)は、H氏賞受賞詩人の九冊目の詩集。「第一の箱」から「第四の箱」までの四部立てとなっている。「箱」は巻頭作「百科箱日記」と関連する。同作では本棚の百科事典が少しずつおのずと膨らみ、ついに家中に様々なラベルのついた箱が溢れる。本詩集の各「箱」には、ライトヴァースから社会、人生、戦争を扱ったものまで、ラベルと陰に陽に関連する様々なテーマの詩が収められる。「百科箱」というどこか懐かしい響きは、昆虫採集や標本箱を思わせるが、作者の詩が生まれるトポスは、作者の中に今もひそむ少年期の時空であるのだろう。日常生活で詩のためのメモを箱に「採集」しているのかも知れない。そのせいか、本詩集には分かりやすく心温まる作品が多い。
「その前夜/星座盤の上に/時ならぬ冬の蝶が舞い降りて/オリオンの彼方に/二連星が輝いたのは本当かもしれない//かれは保育室で新聞紙をひろげ/折紙の牧童帽の作り方を教えていた/その時//テンガロンハットかぶった黒い瞳の/ウエスタンガール 風のように/駆けよってきて かれの耳元で/「だいすき」/耳たぶに柔らかいものが一瞬触れて/かれの肺胞は大粒葡萄のようにふくらんだ/ありふれた言葉なのに/じかに届けられることが/いかに稀であったか だ・い・す・き/片隅にサンタの切り絵が忘れられている/一月の保育室 ふたりの年の差六〇歳//二連星は真昼の天空で輝いている」(「だ・い・す・き」全文)

2021年3月1日京都新聞文化面「詩歌の本棚・新刊評」

 東日本大震災からもうすぐ十年。あらためて、年月の経過が掠りもしない時間の外の出来事だったと思う。大津波は「そこ」に今も押し寄せる。蘇る破壊と叫喚に目と耳は凍りつく。あの時詩を書く意識の底にひらいた深淵は、言葉の瓦礫を浮遊させつつ決して閉ざされることはない。
 武子和幸『モイライの眼差し』(土曜美術社出版販売)の作者は、「戦争の厳しい幼児体験を記憶の深いところに持っている世代」。本詩集は、戦争による心の傷の深みをとおし大震災・原発事故と向き合う緊張感に満ちる。言葉はギリシア神話(「モイライ」は運命を司る女神)や黙示録などのイメージを巧みに駆使して、個の記憶からさらに神話的な深淵へ向かう。例えば被災地の実相と荒蝦夷(あらえみし)の歴史を重ねる詩「編上げ靴」は、警戒区域を思わせる時空に排除されたままの死者の姿を突きつける。かれらは今も「そこ」にいる。生と死のはざま、どこかアウシュヴィッツの空も遥かに映り込む「沼」に靴のように打ち捨てられて。
「編上げ靴が泥の中に転がっている 潰れた踵を半ば泥に埋め 先端はめくり上がり 暗い口を開けている 厚手の靴下の爪先の破れ目から 血の滲んだ頑丈な指が見える ふとそんな気がする 所有者がどのような運命を辿ったかを問うても 靴は黙ったままだ 見渡すと 枯れた葦がそよぎ 足音のような音を立てている 靴だけが つまらない日常のさらに下層から めくれあがった靴先を空にむけてころがっている 埋め立てられる湿地の蟾蜍のように 目に見えない恐怖に戦きながら 鼻先を泥の中から覗かせている」「空がうっすらと明るむと 暗闇のなかから浮かび上がる編上げ靴の めくれ上がった苦しげな形状は やがてまばゆい太陽に焼かれ 乾いた泥につかりながら悲しみの目を大きく見開いてこちらを睨んでいる俘囚の首のようにも見えるとき 埋め立てられ地層の一部になってしまった夥しい記憶がにわかに騒ぎだし ただ送電線が風に唸り 鉄塔の
列が おのれの長く伸びた影のほうへ傾きながら地平へ続くだけの風景の中で 捨て去られた編上げ靴は 蟾蜍のように叫喚を上げずにはいられない」
 服部誕『そこはまだ第四紀砂岩層』(書肆山田)の作者は戦後生まれ。だが深層意識は、二つの大震災の記憶によって砂岩層のように崩落しつづけている。作者の円熟した構成力が、崩落から生まれる幻想を不思議で豊かな詩世界へ膨らませていく。
「大津波のあと墓地は高台に移されることになった/古墳丘と目されるこんもりとした丘の上/復旧した港から望む伐採されたむきだしの山肌は/亡くなった女たちのゆたかな乳房のかたち//三角測量はふもとからはじめられた/三角形の一辺と二角が分かると残りの一点の位置が確定する/確定した地点からまた別の地点を定めてすこしずつ高さを稼いでゆくと/目には見えない編み目模様の三角形群が丘全体にのびひろがる」「豊饒な海の幸をすなど漁りつづけて暮らしを紡いできたこの町の/ながい時を越えて日々繕われてきた大きな網のように/丘い
っぱいに佇立する御影石の林をまも衛っている」(「丘の上の墓」)
 紫野京子『霧の馬』(編集工房ノア)も二つの大震災への鎮魂を込める。私たちが見た光景は旧約聖書の災厄にも等しい。ヨブのような祈りと沈黙に支えられた言葉が待たれている。
「ひとの哀しみを 自らの哀しみとして/共に生きること//雪が降る 雪が降る/ひとのいのちと おもいをつつんで/あの日も 今も」(「雪」)

2021年1月18日京都新聞「詩歌の本棚・新刊評」

人の意識は今、途方もない不安に揺らいでいるようだ。無意識もまた立ち騒いでいるのではないか。一方詩は「天から降りてくる」とも言うように、無意識を感受して生まれる。この不安な時代から新たな詩が生まれないとも限らない。夢、幻想、トラウマなどの在処である無意識は、詩にとって恐ろしくも甘美な母胎でありうるのだ。今詩と無意識の関係はどうなっているだろう。
 一色真理『幻力』(モノクローム・プロジェクト)は言葉と無意識をめぐる詩集だ。幼年期に閉じこもったままの死児を思わせる「ぼく」が、根源的な存在の不安を語り続ける。父母への愛憎、大人になる時間の不気味さが、底なし沼のように渦巻いていく。世界は邪悪な無意識に浸され、破局へ向かって軋む。だがそのどこか片隅で言葉は安らかに眠る。言葉を求める者の最後の希望として。
「もうことばは絶滅してしまったと言う人もいる。/いや、死んでしまったのはことばではない。/ことばを見つけることのできる人がいなくなっただけだ。//ぼくやきみはその最後の生き残りかもしれない。」「〈顔のない盲目の反向日葵はいつも真夜中の太陽の方を向いて咲く。/〈深夜、闇より黒い巨大な目が恍惚と見開かれるとき/〈反向日葵は昼間見失った自分の顔を取り戻すという。//〈きみがいつも夜遅くまで起きているのはそのためだ。/けれど、今夜も真夜中の太陽は昇らず、反向日葵も顔のないまま/〈きみは古ぼけた詩集のページをめくり続ける//――暗喩の中に生き残ったことばが眠っているかもしれないから」「約束してほしい。/もし生きていることばを見つけても起こさないで/そのまま立ち去ってくれないだろうか。//――ことばは眠っていてさえ、美しいのだから」(「暗喩」)
 為平澪『生きた亡者』(同)は、生と死の境界で危うく生きる「私」と、死してなお「私」の無意識に生き続ける親族たちが繰り広げる、不穏で切ない悲喜劇を描く。意識と無意識の境界で都市の時空は土俗性をまとい、死者の気配が立ち込め物も生命をおびる。過去は今に浸透し、今は何時でもない不穏な時間になる。
「死んだ父が/殺された、という/名札をつけて立っている//その横をコンビニ袋に/かつ丼を入れた男が/実存の靴を鳴らして歩く//蛍光灯の下で/頭だけ照らされた女が/命について考えると/部屋には沈黙が訛り/御霊だけか浮遊する//今とは一体、/何時のことだ」(「何時」全文)
 金堀則夫『ひの石まつり』(思潮社)の作者は、自身の住む交野市の地層深く眠る、古代の製鉄の気配を聴取する。そして無意識から解き放たれる火や風のイメージの激しい動きに、言葉をゆだねていく。「火」、「非」、「否」、「霊」、「陽」といった文字が「ひ」という音で響き合い、イメージが超現実的に重なり合うと、歴史の闇に亀裂が入り原始と今が結ばれていく。
「亀の甲骨が焼かれ/あらわれるひびの模様/古代のうらな卜いの文字となって/吉凶のキョウのひびをみちびいている」「自然とのあらそい/ひととのあらそい/非道のみちもかわらず走っている/非と兆は似ている/排する 挑む/兆のみち/そこから逃げる/非のみちは非道となって/むごたらしい/ひとのみちではない/ひそむ 非を囲う罪/背負う ふ/先代のきぼく亀卜(きぼく)が今も生きている兆し/割れ目が刻まれている/背を見せて逃げていく/おまえの敗北/背骨のひび 原始も 今も/キョウがひびき合っている」(「今日(きょう)」)

『現代詩手帖』12月号・論考「詩という一輪の鋼の花」

現代詩手帖』12月号には、一年の展望という趣旨で、論考「詩という一輪の鋼の花」を書きました。この「鋼の花」は石原吉郎の詩「花であること」からのイメージ。神品氏との対談でも出た木島の「断絶」と、石原の「断念」は、戦後もコロナ禍の今も、詩が身を起こすための根源的な力学でしょう。f:id:shikukan:20201228154331j:image

『詩と思想』1・2月号 詩人木島始をめぐる神品芳夫氏との対談

詩と思想』1・2月号で、戦後詩誌グループ『列島』の代表的詩人木島始をめぐって、詩人・独文学者の神品芳夫氏とメール対談しています。神品氏は『木島始論』を上梓され、私は黒田喜夫論を書く際に、木島さんを「再発見」しました。この遊撃的社会派詩人の詩と平和への熱情が伝わりますように。

f:id:shikukan:20201228152953j:image

詩論集『「毒虫」詩論序説』書評⑨

図書新聞3470号(11月7日発行)に、宗近真一郎さんが素晴らしい書評を書いて下さいました。

 

宗近さんの論は、その時々のテーマについて書かれた錯綜した諸論を、今この時に現代詩に突きつけられている根本的な問題によって、鋭く刺しつらねています。政治と文学の次元へと繋げたラストが見事です。現代詩を考える上でも非常に重要な観点をいくつも提示していると思います。

 

宗近さんに許可を頂いたので、文章の写真をアップします。多くの人に読んで頂きたいです。

f:id:shikukan:20201122001925j:image