#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

【告知】7月11日に詩の集い「尹東柱とわたしたち・2014」をひらきます

来る7月11日に詩の集い「尹東柱とわたしたち・2014」をひらきます。

昨年は、詩人が殺された日付である2月16日にひらきました。

今年は、

詩人が逮捕された日付(7月14日)に近い日を選びました。

71年前、要監視人のいとこと行動を共にしたために、

そして何よりも朝鮮語で詩を書いたために、

詩人は治安維持法によって逮捕され、やがて解放間際に虐殺されます。

その事実と、事実の奥底に秘められた詩人の覚悟に

みなで想像を馳せる一夜にしたいと思います。

なお私も話をすることになっています。

タイトルは講演「詩人の覚悟−尹東柱立原道造」。

今年生誕百年を迎えた立原道造

日本に留学中に東柱が愛読した詩人。

立原もまた「覚悟の詩人」でした。

結核による死を予感してから、あるいは戦争前夜の暴風を感じてからずっと、

「詩人の覚悟」というランプを掲げて生き尽くしたのでした。

時代の闇に抗い、比類なく美しい詩を生きた二人の詩人の覚悟は

今を生きる私たちに何を突きつけてくるのでしょうか。

以下は丁章さんが喫茶美術館のHPでアップした文章です。

申し込み先なども記載されていますので、ご覧下さい。

多くの人のご参加をお待ちしています。

      詩の集い「尹東柱とわたしたち・2014」

     出演者 : 愛沢革 河津聖恵 丁章 ほか

     7月11日(金)午後6:30〜午後9:00 (受付6:00〜)

     1500円(1ドリンク付)定員50名(要予約)

    尹東柱治安維持法により逮捕された1943年の夏、7月14日。

    そして71年後のこの夏、おなじ7月に、

    詩人を死に追いやった時代と相似するこの時代の中で、

    今こそ、わたしたちは尹東柱の詩の響きに心をふるわせたい。

    自己の生きざまを見つめ直すために。

    太初の朝を蹂躙しながら流れ込んでくる

    時代の闇を押し返すために。

【プログラム】

尹東柱に想う》

講演「詩人の覚悟−尹東柱立原道造」 語り手・河津聖恵(詩人)

尹東柱とわたしたち》

詩朗読と語り「“優しい表現”と詩人の覚悟尹東柱菅原克己

 愛沢革(詩人・翻訳家)

司会・丁章(詩人)

その他のプログラム《尹東柱の詩》《尹東柱の音楽》など出演者多数

お申し込み・お問い合わせは、            

06-6725-0430(TEL/FAX) または waneibunkasha@yahoo.co.jp にて承ります。