#title a:before { content: url("http://www.hatena.ne.jp/users/{shikukan}/profile.gif"); }

詩空間

河津聖恵のブログ。この世界が輝きわたる詩のプリズムを探しつづける。

「詩と思想」9月号に公開座談会「ラクダが針の穴を通るとき―3.11後の時代と女性の言葉」が掲載されました

詩と思想」9月号に、5月16日にキャンパスプラザ京都で行われた、

公開座談会「ラクダが針の穴を通るとき―3.11後の時代と女性の言葉」

の内容が掲載されています。

原発事故後、

この国では美しい自然と社会の構造と人の心に、

無数の針の穴が空きました。

無痛でありながら一度自覚すれば、

それは胸を永遠のようにつらぬきつづける。

今もさらに針はふえ、無慈悲さと鋭さをましている。

何ができるのか。

痛みについて語り合い、痛みをとおして連帯するしかないのだと思います。

このトークからもう三ヶ月以上の時が経ちました。

もう遙かな過去のような気もしますが、

こうして活字となったものを読むと

あらためてあの時の時空が明滅します。

三人のパネリストと五十名強の参加者は

たしかにひととき、

人間と言葉の尊厳をないがしろにしてやまないこの国の片隅で、

言葉という存在を信じてかたりあったのです。

私自身はこの座談会のなかで、

「声の道」という希望のタームを見出しました。

それが岡島さんに引き継がれ、中村さんにも響いていく展開となっています。

多くの方々にぜひ読んで頂きたいと思います。

Img_25561

Img_25591